社会医療法人さくら会 さくら会病院

文字サイズ
標準

健康支援への取り組み

合併症(内科疾患)のサポートから在宅支援へ

当院の患者さまのほとんどが60歳以上の方です。
この年齢では、加齢に伴い脳梗塞や脳出血の主因ともなる動脈硬化や高血圧を患う方も増え、骨や関節疾患を患ったり、転倒により骨折や脳出血につながるなど、大きな疾病にかかるリスクを抱える時期でもあります。
当院が主として診療している「脳血管疾患」や「骨・関節疾患」、「リハビリ」で加療されている方の中でも高血圧、糖尿病、高脂血症、心疾患などの持病を抱えている患者さまが多くおられます。
そのような方に対して、内科医が主治医と連携しながら、高血圧などの循環器疾患のコントロール、術後肺炎などの呼吸器疾患の治療、消化器疾患の初期検査(内視鏡検査)、糖尿病などの持病の全身管理を行っています。
また、近隣には関連施設である介護付有料老人ホームやデイサービス、訪問看護・リハビリステーションなどがあり、地域の在宅支援にも取り組んでいます。
有料老人ホームへは、当院の内科医が定期的に往診を行っています。

健康支援への取り組み

睡眠時無呼吸症候群の診断・治療を行っています

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、気道の閉塞などの原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。
いびきや起床時の頭痛、日中の眠気や倦怠感などの症状があります。
また、高血圧脳卒中などの循環器疾患や、糖尿病などの合併症を引き起こすこともあります。
そのうえ、交通事故や産業事故などを引き起こす可能性がありますので、患者様に合わせた適切な検査と治療が必要です。

<症状の詳細や検査内容、受診方法などに関する情報は 内科紹介ページ にてご案内しています>

.png